布とミシンで織りなすアート

布の持つ豊かなテクスチャーと、ミシンの精緻な線が静かに交錯する。
あなたの視覚や空間に「縫う」芸術で新しい息吹と余韻を。

Quilt art woven with cloth and sewing machine.
The rich textures of the cloth intersect with the precise lines of the sewing machine.
Quilt art brings new life and reverberation to your vision and space.

What’s quilt art ?

小さな布と布を縫い合わせて(パッチワーク)できた
1枚の表布と裏布の間に薄い綿をはさみ、手やミシンで
縫い刺し(キルティング)してできたものを、パッチ
ワークキルト(略してキルト)と言います。
生活に根ざしたキルトから、現代アートとも言われる
キルトアートまで多種多様です。伝統的な手芸を礎に
インテリアートとしてキルトアートの可能性を
広げていく挑戦をしています。

GALLERY
ART STYLE

つないだ布をキャンバス、ミシンをツールとして使い
独自のキルトアートを制作。
藤田嗣治・バウハウス・ロシア構成主義など20世紀の
アート&デザインからシンプルで引き算の作品作りで
作品に静寂と余韻を与える。
創作活動を長く続けていく中で、独自の手法を開発し
唯一無二のアートスタイルが生まれました。

アートスタイル
ART SCENE

私たちは様々な場所で、さりげなく飾ってあるアートを
観る機会がありますが、キルトアートが展覧会以外の
場所で飾られているシーンに出会うことがありません。
残念ながら大抵が作り手の家に眠っているのです。
「視覚」「触覚」の両面から見る人の感性を刺激する
キルトアートが、皆さんの心の中に美しい風景や
情景として広がっていくことを願っています

インテリア事例

伝統的なキルトアートから新しいインテリアアートへ

伝統から革新へ
Tradition to Innovation

畠中真由美が目指すものは伝統的なパッチワークキルトが
超越したインテリアアートとしての新しい価値への挑戦。
現代空間にインテリアとしてフィットする新しいキルトの
世界を展開している。

デザインか!アートか!
共鳴する二つの世界。
Design! Art! Two worlds that resonate.

 20世紀デザインやアートの世界がこの上なく好きです!
歴史や芸術革命のムーブメントの中で生まれたアート達が、
私に大きな影響を与え、力強いデザイン理論を軸に
作品に共鳴・反映されている。
心地よいデザインの秩序と自由なアートの風に乗って。

NEW チャレンジ! CROSS
アート× 装身具 「 創造の交わひ」

2024年10月、東京銀座にて
独自のアートと天然石装身具を融合させた二人展開催。
岡田夕実瑚×畠中真由美のアートと装身具が交わひ、
新たな「美の形」を生む瞬間をご期待ください。

2024.10/3-6 東京銀座 WABI ギャラリー

お知らせ

工事中のお知らせ

HPリニューアル中のお知らせ

こんにちは。 そろそろ梅雨入りの西日本。 蒸し暑い季節の到来ですが いかがお過ごしですか。 いつも当HPをご覧いただきありがとうございます。 現在、H…

いろやギャラリー

2024 岩国10人の作家展始まりました

こんにちは。 いろやギャラリーさんで参加中の 岩国作家展が始まりました。   今年から岩国作家展が5月に固定され、 毎年、新緑の美しい時期に…

岩国作家展

5月岩国作家展のお知らせ

こんにちは。 4月1日  今日からエイプリル 1月は往ぬる2月は逃げる3月は去る…とは よく言ったもので、あっという間に冬が 駆け抜けまし…

ニュース一覧

BLOG

ブログ一覧